読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「夜行」考察 謎その一 第一夜と最終夜だけでよくない?

だいぶ前に買って少しづつ読み進めていた森見登美彦さんの「夜行」という作品をようやく読み終えました。 「夜」というのがこの作品の中で重要なワードとなっているのですが、この作品を通しての印象も「夜」という言葉が相応しい作品だと感じました。この作…